アレルギーの症状として有名なところと言えば、くしゃみや鼻づまり、蕁麻疹などでしょう。アレルギー程度では大したことにならないと甘く見ている人は注意が必要です。大事に至る前にザイザルでアレルギー症状の緩和を試みましょう。

鼻水が出る女の子と薬
  • ホーム
  • 間違った花粉症対策に注意!

間違った花粉症対策に注意!

いろいろな情報が出回っているため間違った花粉症対策をしている人が多くいます。
せっかく効果を期待して始めたのに全く改善されないのでは辛いだけです。
しっかりと正しい知識を持つことで花粉症の対策を行いましょう。

最も多くの人がやってしまうのが症状が出てからの対策です。
実は花粉症は初期療法がとても重要です。
花粉が体内に入り込むことでアレルギー反応が起こり症状が出ます。
先に対応しておくことで反応を抑えたり、軽減することが期待できます。
つまり、花粉が飛び始める前から対応すると言うことが重要です。

また、市販薬と病院でもらう薬が同じだと思っている人も多くいることが事実です。
しかし、病院で処方される薬の方が有効成分が多く含まれています。
また、新しい効能効果があるものや副作用の少ないものなどは市販薬ではありません。
しっかりと対応したいのであれば、医療機関を受診しましょう。
鼻づまりや鼻水などの症状が似ているからと言って風邪と勘違いする方がいますが、原因が根本的に異なります。
風邪薬では全く効果が期待できないので花粉症の症状が見られるようなら専用の治療薬を服用する必要があります。

お茶を飲むことやアロマテラピーだけで症状が改善するようなことはありません。
確かに免疫力を高める効果や精神的にリラックスする効果などは期待できますが、治療と呼べるほどではありません。
あくまでも緩和であって改善までは難しいのが事実です。
他の治療を行いながら補うぐらいの気持ちでいると良いでしょう。

実はストレスも花粉症に大きく影響します。
免疫システムのバランスが崩れることで花粉に対して過敏に反応するようになります。
趣味を作ったりスポーツなどでストレスを解消するように心がけましょう。
ただし、アルコールを摂取することはおすすめしません。
血管を拡張して症状を悪化させる恐れがあるからです。
また、喫煙も粘膜に刺激を与えることがあるので控えた方が良いと言われています。

花粉症は風邪の症状と似ている

つらい症状を何とかしたいと思って色々な方法で花粉症対策を試みる人がいますが、間違った情報には注意しなければなりません。
お茶やアロマテラピーを対策として利用する人がよくいますが薬ではないので改善することはできず、精神的にリラックスできる効果が期待できる程度です。
対策としてはアルコールは血管を拡張し、喫煙は喉の粘膜を刺激するのでできるだけ控えるようにし、ストレスが大敵なので趣味や運動をするのがオススメです。
毎年、花粉で辛い思いをしているなら、症状が出る前に治療を始める初期療法を試してみると良く、花粉が飛びはじめる2週間ぐらい前から経口治療薬を投与すると軽くする効果が期待できます。

花粉症とよく間違えやすいのが風邪で、くしゃみや鼻水、鼻づまりなど風邪とよく似た症状が出ます。
風邪の初期症状は花粉症とよく似ているので混同しがちですが、両者には明確な違いがあります。
風邪は長くても10日前後で治まりますが、花粉症の場合は花粉が飛散している間ずっと持続するので続く期間を見れば判断しやすいでしょう。
風邪と花粉症は共通する症状が多いので見分けがつきにくいのは事実ですが、同じ症状でも違いをしっかり観察すれば区別することは可能です。

花粉症の場合の鼻水は無色透明で鼻の穴から口まで鼻水が流れ出ることもあり、花粉が飛散している間はずっと鼻水が止まりません。
風邪の場合は引き始めの数日はさらっとした鼻水ですが、しばらくすると黄色を帯びたねばねばした質感に変化します。
鼻づまりについては風邪よりも花粉症の方が症状は強く、いくらかんでも鼻水が出てくるので、症状がかなり重いと感じたら花粉症を疑うべきです。
くしゃみは風邪が多くても数回繰り返す程度であるのに対し、花粉症の場合、10回以上連続して繰り返すことが多いです。
熱や咳、喉の痛みに関しては風邪のみの症状で、花粉症の場合にそうした症状が出るのは稀と考えてよいでしょう。