アレルギーの症状として有名なところと言えば、くしゃみや鼻づまり、蕁麻疹などでしょう。アレルギー程度では大したことにならないと甘く見ている人は注意が必要です。大事に至る前にザイザルでアレルギー症状の緩和を試みましょう。

鼻水が出る女の子と薬
  • ホーム
  • 花粉は春だけとは限らないので注意

花粉は春だけとは限らないので注意

花粉症というと春になるイメージがありますが、秋にも花粉が飛んでいるので注意が必要です。
秋に飛ぶ花粉の代表としては、キク科のブタクサやヨモギがあげられます。
河原や公園、空き地など市街地にも多く生息していますので知らないうちに吸い込んでいる可能性があります。
ブタクサは背が高く成長するので、他の植物よりも遠くまで花粉を飛ばすことができるのです。
ブタクサの別名は喘息草とも言われているので、ブタクサアレルギーの方は咳が出る可能性があります。
そして、粒子が他の植物と比べて細かいので、喉の奥や気管にまで入り込んでしまうので注意が必要です。

それから秋には稲が育つ時期でありますし、その他にもイネ科の雑草も育つ時期です。
イネ科の植物は種類がとても多いので、秋や冬だけでなく一年を通して花粉が飛んでいる事もあるので注意が必要です。
生息場所としては川辺や堤防など水辺に多く生えています。

あまり知られていませんが、秋にはアサ科の植物であるカナムグラが花粉を飛ばしています。
ビールの原料となるポップに近い植物であります。
カナムグラは繁殖力が強いのでなかなか駆除しにくい植物であり、野原に生えるというよりもやぶや茂みなどに生える事が多いです。

草餅に使用するヨモギですが、春のイメージがあるようですが秋に花粉を飛ばします。
薬草としても使われており、日本全国どこにでも生息しているので、避ける事はなかなか難しいでしょう。
ヨモギアレルギーを持っている方は、同時にセロリにもアレルギー反応をしめす人が多いのも特徴です。

以上のように春だけでなく秋であったり、反応をしていないだけで年中何らかの花粉は飛んでいるのです。
秋や冬は気温が下がり風邪も流行する事から風邪なのか花粉症なのかと判断しづらいですが、鼻水の粘膜で判断すると良いでしょう。
さらさらと水っぽい鼻水ならば花粉症であり、白や黄色の粘膜質の物なら風邪の症状といって良いでしょう。

アルコールや喫煙は花粉症の症状を悪化させる

花粉症を患うと、花粉の飛散する時期には鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなど様々な症状が引き起こされることとなります。
できる限りこの辛い症状を抑えたいところですが、喫煙や飲酒はこれらの症状を悪化させるといわれています。

花粉症は体のアレルギー反応であり、ヒスタミンという物質がアレルギー反応をひきおこすことが原因です。
飲酒によってアルコールを摂取すると、肝臓で代謝されてアセトアルデヒドという成分に変換されます。
このアセトアルデヒドがヒスタミンを増加させることとなり、そのためアルコールを飲むことで花粉症の症状が強くなるということです。

飲酒によりおこる症状としては、まずは血管拡張して鼻の粘膜がむくむので、より鼻づまりがひどくなることでしょう。
血管が拡張することで脳圧が上がり、さらにはアセトアルデヒドの作用で頭痛を増強させることとなります。

アレルギー反応によって活性酸素が増えて症状を悪化させることとなりますが、実はワインなどに含まれているポリフェノールには活性酸素を抑える働きがあります。
しかしワインを飲むことで症状が緩和するわけではないので、アルコール自体を控えることが望ましいでしょう。

そしてがんや生活習慣病のリスクになるともいわれている喫煙も花粉症に悪い影響を与えます。
たばこの煙はのどの気管や鼻の粘膜から侵入してしまうため、長く吸い続けることで粘膜が炎症を起こすこととなります。
またニコチンは血行を悪くさせる作用があるため、鼻炎は悪化することでしょう。

花粉は春に飛散するというイメージがあるかもしれませんが、キク科やアサ科の植物は秋に飛散し、イネ科の植物に関しては非常に種類が多いことから一年中飛散する傾向にあります。
喫煙や飲酒はやめるのが一番の選択肢ですが、やめられない場合には本数や量を減らす努力が必要です。