アレルギーの症状として有名なところと言えば、くしゃみや鼻づまり、蕁麻疹などでしょう。アレルギー程度では大したことにならないと甘く見ている人は注意が必要です。大事に至る前にザイザルでアレルギー症状の緩和を試みましょう。

鼻水が出る女の子と薬
  • ホーム
  • 自分が何アレルギーなのかを知る検査方法とは?

自分が何アレルギーなのかを知る検査方法とは?

世の中にはあらゆるアレルギーが存在しており、湿疹やかゆみ、咳、鼻水、鼻づまり、呼吸困難、目のかゆみなど、その症状にも様々なものがあります。
場合によっては命にかかわるような重い症状を起こしてしまうこともありますので、自分が何にアレルギーを持っているのかしっかりと理解しておく必要があります。

一般的にアレルギーは病院で検査します。
アレルギー科にかかわらず、内科や耳鼻科、皮膚科などでも行っているところが多いので、まずは問い合わせておくといいでしょう。
検査方法にも色々なタイプがあります。
皮膚テストや血液テストが一般的で、皮膚テストであれば当日検査結果を知ることが可能です。

皮膚テストはスクラッチテストとも呼ばれ、皮膚を軽く引っ掻いた部分にアレルギー物質を塗布し、症状が出るかどうかを見極める検査です。
スクラッチテストの費用は、1項目あたり400円~500円程かかります。
これに初診料や診察料などが別途かかると考えておきましょう。

特異的IgE抗体検査法は、血液を採取して行う検査方法で、1回に付き13項目まで選んで調べることが出来ます。
13項目以内であれば保険適用となり、およそ5000円前後の費用がかかります。
特異的IgE抗体検査法は当日検査結果を知ることは出来ません。
検査結果が出るまでには大体1週間~10日ほどかかります。
また、全く初めてのアレルギー検査を行う場合にはマスト33という決められた項目をまとめてチェックする検査もおすすめです。
特にアレルギーが出やすいアイテムを中心に選ぶことが出来る上に、こちらも保険適用扱いですので5000円前後で受けることが出来ます。

X線検査には腹部X線検査と、副鼻腔X線検査があります。
呼吸器や循環器の異常は腹部X線検査を、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などを調べる時には副鼻腔X線検査を行うようになっています。
アレルギーテストはそれほど時間も掛かりませんし、費用も高額ではないので、万が一の時のためにあらかじめ調べておくようにしましょう。

自宅でできるアレルギー検査キットとは?

アレルギー検査というと、病院だけで行うイメージが強いものですが、検査キットを使用すれば自宅でも簡単に調べることが出来ます。
検査キットは色々なメーカーから出ており、食物アレルギー用、花粉用など、様々な分類ごとに調べることが出来ます。
自宅に届いたキットに記述されてている手順を守り、指先から少量の血液を採取しましょう。
その後、指定された検査場所によって血液検査が行われ、1週間~10日ほどで結果が郵送されてくるようになっています。
血液採取の際も専用の器具を使うことによって非常に簡単に採取することが出来るので、初めての方でも問題なく使用することが出来ます。

メーカーによってその値段は異なりますが、3万円前後の料金がかかると思っておきましょう。
病院まで自宅から遠いという方や、忙しくてなかなか何度も病院に行くことが出来ない方、病院の待ち時間が苦手だという方には非常におすすめです。
使い方も簡単ですので、いろいろな方面からアレルギーを調べてみたいという方にもうってつけです。

自宅で手軽に利用できる検査キットは非常に便利なものですが、もしも検査で何か気になる部分があったとしてもアドバイスを受けることが出来ません。
アレルギーによっては検査に引っかからなくとも症状が現れている場合があります。

例えば、ハンノキアレルギーの方はメロンを食べるとメロンアレルギーでないのに口の中が痒くなったりすることがあります。
キットだけでは分かりづらいアレルギーもあるということを念頭に置いておくようにしましょう。
また、キットで送られてきた検査結果は、必ずかかりつけの医師に見せるようにしましょう。
薬による副作用を減らすことが出来るだけでなく、より効果的な治療を受けることも出来るようになります。