アレルギーの症状として有名なところと言えば、くしゃみや鼻づまり、蕁麻疹などでしょう。アレルギー程度では大したことにならないと甘く見ている人は注意が必要です。大事に至る前にザイザルでアレルギー症状の緩和を試みましょう。

鼻水が出る女の子と薬
  • ホーム
  • ドラッグストア販売されている花粉対策グッズについて

ドラッグストア販売されている花粉対策グッズについて

花粉症は目や鼻などに大きな影響を及ぼすことがあり、症状がひどくなると仕事や生活にも大きな影響を与えてしまう事もあります。
他の病気と違って劇的に治るというものではないので、いかに花粉を体の中に取り入れることなく済ませることができるかによって症状を抑えられるかが変わってきます。
付き合い方の一つとして花粉症対策を考えておくことは大切です。

最近はドラッグストアでも花粉症対策グッズが多く販売されるようになってきました。
薬などを使うと副作用なども心配になりますが、花粉を取り入れないようにするグッズであれば健康に影響も少なく安心して利用することができます。
薬との併用も可能になるので、ぜひ取り入れていきましょう。

目に症状が出やすい方にお勧めのグッズが花粉用メガネです。
目の周りをスキマのないメガネでふさいでいくことで目やその周りに花粉が付着することを防ぐことができます。
目のかゆみが出ると物を見るときにも影響しますし、目の周りの薄い皮膚にもダメージを与えてしまうことがあります。
こうした形で物理的に刺激をおさえていくことは対策として効果的と言えるでしょう。

また、花粉ブロッククリーム・スプレーなども対策グッズとして人気があります。
マスクで花粉を防ぐという方も多いでしょうが、マスクをすることができない場面などもあるでしょう。
そのようなときにクリームやスプレーなどで花粉が肌などに触れることを防いでいけると、症状が出にくくなるという事も考えられます。

そして花粉対策グッズとして特に普及しているのがマスクです。
大きさや形などに工夫があるものも増えています。
花粉はもちろんですが、中国などから流れてくるPM2.5などの大気汚染物質も健康に影響を及ぼす原因となります。
PM2.5は粒子が細かいことから、より密度の高いマスクが必要となります。
花粉と同様にこうした物にも対応できるようにマスクは常に利用できるようにしておきたいものです。

PM2.5はどのような影響をあたえるの?

PM2.5は花粉と似たような影響を及ぼします。
鼻がむずむずしてくしゃみも鼻水も出るようになってしまいますし、気管支に入ることによって咳が止まらなくなるようなこともあるものです。
ですが花粉による症状は、花粉が収まってくればそれと共に症状も収まってくるようなことがほとんどです。
PM2.5はそのまま咳が収まらなく気管支炎になったりぜんそくになってしまうこともあります。

中国ではすでに大気汚染物質の原因になっており、PM2.5で近い視界が見えなくなるような被害もあります。
風によって日本に流れてくる量は少ないにしても、風の強い日は日本も被害を避けるために対策グッズを使って注意しなければなりません。
花粉用メガネも良いですが、花粉ブロッククリーム・スプレーや定番のマスクも利用していきましょう。
ですがマスクはぴったりと顔にフィットして隙間のできないものをする必要があります。
ですから風の強い日などは品質の良いマスクで顔をガードしましょう。

そしてそうした健康被害は免疫力のない人が最も影響を受けるものです。
高齢者や小さな子供は外出を控えるなどすることも大事です。
花粉症は早い時間に外出することで被害を少なくすることもできるものですが、大気汚染は風や気象も影響するので天気予報なども注意深く見ておきましょう。

ぜんそくや花粉症などに悩む人が増えたのはアレルギー体質の人が多くなったからだという理由もありますが、大気汚染物質による被害が増えてきているということも関係しているものです。
ですから昔のように何もしないのではなく対策グッズを使ってうまく症状を軽くしていくようにすると良いでしょう。
体調不良はその日の気分にも影響するので大事です。

人気記事一覧